【365日頭皮ケア】頭皮のお悩みと向き合うひとときのしずく開発者が発信する頭皮ケア情報

【メンズ頭皮ケア】そのスタイリング大丈夫!?頭皮を守るスタイリング方法

メンズ頭皮ケア

実は男性の多くの方が20歳前後には「将来の自分の髪や頭皮の事を不安に思っている」というデータがあります。

早い人では学生のうちから悩み始めていたという方もいるのです。

このデータは薄毛治療を行う病院にてカウンセラーを務めた現役美容師がまとめたもので、もちろん実際に抜け毛や薄毛が進行している方もいましたが、そうではなく今の自分が衰えていく事への不安が悩みに変わっているという方も多かったようです。

そこで、こういったお悩みをお持ちの多くの男性がご自身に合った本当に効果のある頭皮ケアを行っていけるよう男性にオススメの頭皮ケア方法をご紹介したいと思います。


スタイリング剤の種類と使い方について

男性の場合は、ヘアセットにはハードなスタイリング剤を使用する方も多いのではないでしょうか。


特にワックスやグリース(ポマード)などの油性のスタイリング剤でハードなものになると、

シャンプーをしても髪にべたつきが残ってしまいなかなか落とせないということがよくあります。


そうすると、頭皮や髪にスタイリング剤が残ったままの状態が続いたり、シャンプーの回数が増えたりとどんどん頭皮への負担が大きくなってしまいます。



スタイリング剤を残さないように注意しましょう

スタイリング剤が頭皮に残ると、時間の経過とともに酸化し老化の原因や毛穴の詰まりの原因となってしまします。


そして、こういった状態が続くと抜け毛やにおい、かゆみなどの頭皮トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。


頭皮のためには、落としやすいスタイリング剤を選ぶことや、

頭皮につけないようなスタイリングの工夫をすることをお勧めいたします。



スタイリング剤の落としやすさをCHECK

出来ればワックスやグリースでも、極力水洗だけでも落とせるものを選ぶと良いでしょう。


落としやすいかの確認は手につけてお湯で流してみて落とせるようでしたらGOODです。


または、ジェルやムースなど水溶性のものもとても落としやすいのでオススメです。


それでもハードワックスが使いたい!という方ももちろんいると思います。


そんな方には、スタイリングの方法を変えてみるということもオススメ致します。


少しでも頭皮への負担を軽減するための方法として、

地肌にスタイリング剤がつかないようなスタイリング方法に変えてみましょう。



頭皮につけないスタイリング方法

コツは、スタイリング剤を充分に手の平になじませることです。


指の間までしっかりとなじませてから、毛先を中心に少量ずつ、髪全体につけていきます。


この時に、埃を払うようなイメージで手を動かし、頭皮に指が当たらないよう髪の毛だけに

スタイリング剤がつくようにしましょう。


さらに無造作な動きを出したい場合は、

このあとに手にうすく残った剤でそのまま揉みこんであげれば十分動きも出せるはずです。


この時も指が頭皮に当たらないように注意しましょう。



スタイリング剤は毎日シャンプーで落とすこと

スタイリングの際に注意しても、汗などで頭皮に流れ落ちることもありますので、

一日の終わりにはしっかりとシャンプーを行い、

頭皮を清潔に保ちましょう。


しっかりと湯洗でスタイリング剤を落としてから、

よーく泡立てて頭皮をほぐしながらシャンプーしましょう。

清潔な頭皮状態で睡眠をとることもとっても大切です!

くわしくはこちら


メンズ頭皮ケアまとめ

・スタイリング剤は落としやすいモノを選びましょう。

・頭皮にスタイリング剤がつかないようにセットしましょう。

・一日の終わりに必ずシャンプーをしましょう。


今回はスタイリングの仕方についてご説明しました。

異本的には、頭皮を清潔に保つことを心がけ、

余計な負担をかけないようにすることが大切ということです。


抜け毛やかゆみなど、頭皮のお悩みも、

ほんの少しのことで改善することも出来るかもしれません。

ぜひ簡単なことから頭皮ケアを始めてみましょう。

頭皮ケアについて少しでも役に立つ情報をお届け出来るよう発信して参ります。

お悩みや気になる事など、個別にご相談も受け付けております。

些細な事でもお気軽にご相談下さい。


ひとときのしずく頭皮ケアのご相談窓口:こちらからどうぞ

365日頭皮ケア

頭皮ケアは続けることがとても大切です。簡単に出来る頭皮ケア方法、頭皮トラブルの改善方法、快眠に繋がるシャンプー法など、様々な視点から健康の為の頭皮ケア情報を発信致します。

0コメント

  • 1000 / 1000