ひとときのしずく」頭皮ケア情報

頭痛に効く頭皮マッサージのコツ!仕事の間に簡単にできる3つのポイント


辛い頭痛は頭皮マッサージで和らげることが出来ます。

肩コリや眼精疲労、寝不足など原因は様々ですが「頭が痛い」のはとっても辛いですよね。


集中力も低下し仕事や勉強の効率も下がってしまいますし、

何より気分も上がらず無理をするほど頭痛も悪化するという悪循環。


「何とかしたい!」と思っている方がたくさんいると思います。

そんな辛い頭痛を和らげることができるのが、

頭皮マッサージです。


頭痛に効くマッサージポイントをご紹介しますので、ぜひお試し下さい。



少しの休憩と頭皮マッサージ

ポイントの前に…

「頭が痛い。」そんな時は思い切って休憩をとりましょう。


無理に仕事や勉強を続けてもはかどらないどころか頭痛は強まるばかり。


目や首、肩を休めてあげましょう。


そして休憩中に短時間で出来る頭皮マッサージがおすすめです。


ポイントを抑えたマッサージは短時間でも頭痛を緩和する事が出来ます。


ポイント1、目を閉じて行う。

一つ目のポイントは「目を閉じてマッサージを行う」という事です。


頭痛の原因として考えられる眼精疲労を少しでも和らげるために頭のマッサージは目を閉じて行いましょう。


まずは目を閉じて大きくゆっくりと深呼吸。


それからマッサージを行います。


リラックスする事でマッサージの効果も高まりますので、

落ち着ける場所で行うと良いでしょう。



ポイント2、側頭筋を動かして血流アップ

目を閉じてリラックスしたら、

まずは側頭筋のマッサージで頭全体の血流を良くします。


耳のすぐ上あたりからこめかみの辺りにかけて側頭筋という筋肉があります。


この側頭筋を、ゆっくりと大きくマッサージします。


四指を使い、皮膚ではなく内側の筋肉を動かすように行うのがコツですが、

力が入りづらい方は手をグーにして行うのがおすすめです。



ポイント3、眼精疲労と肩コリに効くツボ

頭の後ろの盆の窪の横あたり、

首のつけ根にある風池、天柱というツボを押す事で眼精疲労や肩コリを和らげてくれます。


ツボ表を参考にしてください。

ここは親指を使って上に向かって押すととっても気持ちが良いです。


目を閉じて親指で20秒。


押し続けた後に指を離す事で一気に血流が上がりスッキリとします。


少し上を向きながら押すとよりツボに入りやすいのでお試し下さい。

全て合わせて3分くらいのマッサージでもとても楽になると思いますので、

休憩中でも充分に行えると思います!



頭皮ケアは身体を健康へ導く

このように頭皮のマッサージは直接頭皮に効果を与えるだけでなく身体の健康にも効果的に働きます。


今回は頭痛を和らげるマッサージについてご紹介しましたが、

頭痛の予防のためにも習慣にする事もおすすめです。


朝お家を出る前やお昼休み、寝る前などに1度目を閉じてリラックスしてマッサージをしてみて下さい。


頭痛の頻度も少なくなるかもしれません!


頭皮ケアについて少しでも役に立つ情報をお届け出来るよう発信して参ります。

お悩みや気になる事など、個別にご相談も受け付けております。

些細な事でも上記よりお気軽にご相談下さい。

hitotoki no shizuku TOKYO

頭皮ケアのプロフェッショナルが開発した「ひとときのしずく」 銀座、恵比寿にヘッドスパ専門店を構え、治療を目的としたヘッドスパをご提供しています。 簡単に出来る頭皮ケア方法、頭皮トラブルの改善方法、快眠に繋がるシャンプー法など、 様々な視点から健康の為の頭皮ケア情報を発信致します。

0コメント

  • 1000 / 1000