ひとときのしずく」頭皮ケア情報

シャンプー選びのお手伝い致します。ポイントは『成分のバランス』

「泡立ちの良いシャンプーとそうでないシャンプーの違い」

普段、どんなシャンプーを使っていますか?

髪を洗っていて「泡立ちにくい」、「洗えていない気がする」なんて

思った事はありませんか?



シャンプーの泡立ちを決めるのは?

シャンプーに含まれる界面活性剤の種類によって決まります。

石油系、高級アルコール系、アミノ酸系、ベタイン系…様々な種類があるわけですが、

お肌に優しいとされるオーガニックや石けん系は泡立ちにくいと言われています。


それはなぜ?

地肌をマイルドに洗い上げ、刺激を最小限に抑えるため。

そして、トリートメント成分や保湿成分が含まれているためです。


また、シャンプーが泡立たない理由としては他にも考えられます。

□セット剤をつけすぎている

□使う量が少ない

□髪がしっかり濡らせていない

□頭皮の油分が多い


などなど・・・


様々な理由が考えられます。


結局何が良いのでしょう?  とよく聞かれます。

泡立ちが良い、悪いでシャンプーの良し悪しが全て決まるわけではありませんが、


泡立ちは良いに越したことはありません。


泡立ちが悪いと、摩擦によって髪や頭皮に負担がかかり、

ダメージを与えてしまう恐れがあります。


では洗浄力の強いシャンプーが良いのか?

というとそうではありません。


理想のシャンプーは、

洗浄力は優しく、泡立ちの良いものです。


例えばひとときのしずくシャンプーは、


洗浄成分は植物性やアミノ酸系をメインで使用していて、

髪や頭皮への負担が少ないように作っていますが、


泡立ちはとてもよく洗いやすいです。




成分のバランス

シャンプーで一番大切なのは成分の配合バランスです。


これは、正直シャンプーの裏面の成分表記を見ただけではわかりません。


洗浄力は優しく、補修成分を少なくすると優しいのに泡立ちがよくなります。


そのかわり、少ない分の補修はトリートメントで行う。


こういった考えもできます。



悪循環なシャンプー

逆に言えば、


手触りが良くなるのによく泡立つシャンプーは、


洗浄成分が強めな可能性があります。



これは少し悪循環かもしれません。


シャンプーで髪にダメージを与え、トリートメントで補修するよりも、


優しいシャンプーでダメージを最小限に抑え、


さらにトリートメントで補修した方が効率が良くなります。


強い洗剤で手が荒れるのと同じで、


強いシャンプーは髪の毛を傷めてしまいます。


ぜひ、シャンプー選びの際にはこういったことも踏まえて考えてみると良いかと思います。



お手伝い致します!


どんな髪質で、どんな仕上がりになりたいのか。


お肌の状態によってもおすすめするシャンプーは変わってきますし、

季節によっても変わってきます。


シャンプーを選ぶ時は、自分の髪質・頭皮の状態をしっかり理解する事も大切です。


たくさんのシャンプーの中から、ご自身にあったシャンプーを一人で見つけるのは難しいかもしれません。


そんな方はぜひ

シャンプー選びのお手伝いもLINE@から個別で行なっておりますので、お気軽にご相談くださいね。



次回は「自宅で簡単にできる頭皮のホームケア方法について」です!

頭皮ケアについて少しでも役に立つ情報をお届け出来るよう発信して参ります。

お悩みや気になる事など、個別にご相談も受け付けております。

些細な事でも上記よりお気軽にご相談下さい。

hitotoki no shizuku TOKYO

頭皮ケアのプロフェッショナルが開発した「ひとときのしずく」 銀座、恵比寿にヘッドスパ専門店を構え、治療を目的としたヘッドスパをご提供しています。 簡単に出来る頭皮ケア方法、頭皮トラブルの改善方法、快眠に繋がるシャンプー法など、 様々な視点から健康の為の頭皮ケア情報を発信致します。

0コメント

  • 1000 / 1000