【365日頭皮ケア】頭皮のお悩みと向き合うひとときのしずく開発者が発信する頭皮ケア情報

発毛育毛の為の食事習慣!【簡単だから続けられる食事法】

発毛育毛に繋がる食事習慣がある!?

みなさま、毎日の食事の時に気をつけていることはありますか?


カロリーを気にしたり、野菜を多く摂るなどダイエットや身体の健康について

考えている人は多いかもしれませんが、


食事の仕方が頭皮に影響するなんてあまり知られていないですよね!



そこで今回は、意外と知られていない「食事の摂り方が育毛発毛に影響を与える」という事をご紹介したいと思います。


「育毛シャンプーや頭皮のマッサージなど、一生懸命やっているけど効果がわからない」


「毎日頭皮ケアをがんばっているけど効果が出にくい」


そんなあなたに!

育毛に効果的な食事方法をご紹介いたします。



たったこれだけ いつもの食事にちょい足し!

食事方法と言っても決して難しくありませんのでご心配なく。


今回ご紹介するのは、いつもの食事にあるものを足すだけのとっても簡単な方法です。


では、何を足すのかというと…



ズバリ・・・


唐辛子です!


とっても身近な食べ物ですね!


実は唐辛子は育毛発毛に効果的と言われ、大豆(イソフラボン)と共に注目を集めています。



「あれ?唐辛子は抜け毛の原因になる食べ物じゃなかったっけ?」


と思った方もいるかもしれませんが、それはちょっと間違った情報でございます。


まずここでは唐辛子が育毛に効くメカニズムと、なぜ唐辛子が抜け毛の原因になるという噂があるのかについて説明致します。


唐辛子は育毛発毛に効果的!

ご存知の方が多いと思いますが唐辛子にはカプサイシンが多く含まれております。


このカプサイシンは、食べると胃の知覚神経を刺激します。


知覚神経が刺激されると、※IGF-1(インスリン様成長因子)という成長因子の分泌が増加し育毛発毛につながります。


※IGF-1

IGF-1は細胞伝達や細胞性成長の促進、タンパク合成、筋肉合成、などなど私たちの生命維持に欠かせない物質です。



これが唐辛子によって増加するんです!


もう今日から食べずにはいられませんよね。



唐辛子が抜け毛に繋がるっていう噂

私もたまに聞く話ですが、一応これについても説明しておきます。


実際この話も間違ってはいないのですが、


それは唐辛子を食べすぎた時の話です。


唐辛子の辛さは胃の知覚神経を刺激しますが、摂りすぎると今度は胃の知覚神経を麻痺させてしまいます。


そうするとIGF-1の分泌が減少し、それが原因で抜け毛に繋がるということです。



他にもある!胃をマヒさせる食べ物

唐辛子だけじゃなくて、甘い物やしょっぱい物もそうです。


甘い物は別腹、ポテトチップスは食べ出すと止まらない、こんな経験はありませんか?


実はこれも胃の知覚神経が麻痺しているために起こっているのです。


何事もやりすぎは良くないということですね。



ちなみに唐辛子摂取量は一日5mg程度が適量のようです。


そして、出来れば大豆と一緒に食べた方が効果的です。



大豆のイソフラボン

大豆に含まれるイソフラボン。これも有名なせいぶんですね。


このイソフラボンには女性ホルモン様作用があります。


文字通り女性ホルモンに類似した成分ですが、これを接種する事で体内でエストロゲンと同じ働きをし、髪の毛の成長を助けてくれます。


一日の摂取目安は50mgと言われていて、豆腐なら半丁、納豆なら1パックが目安です。


食べやすい料理に

普段食べる豆腐や納豆に唐辛子を入れて食べる料理はおいしいくて頭皮にも良いですよ!


普段の食べ物に少々唐辛子をかけるだけ!


簡単に髪の毛を育てられる頭皮に良い食事、


もちろんいろいろな栄養をバランスよく摂る事が前提ですが、



ぜひ続けてみて下さい!

頭皮ケアについて少しでも役に立つ情報をお届け出来るよう発信して参ります。

お悩みや気になる事など、個別にご相談も受け付けております。

些細な事でも上記のお気軽にご相談下さい。

hitotoki no shizuku TOKYO

頭皮ケアのプロフェッショナルが開発した「ひとときのしずく」 銀座、恵比寿にヘッドスパ専門店を構え、治療を目的としたヘッドスパをご提供しています。 簡単に出来る頭皮ケア方法、頭皮トラブルの改善方法、快眠に繋がるシャンプー法など、 様々な視点から健康の為の頭皮ケア情報を発信致します。

0コメント

  • 1000 / 1000